足がくさくなる条件が、大体分かってきました。
それは、靴がくさいと足もくさくなるということです。
反対のケースもありますが、大体は靴の雑菌が足に移ることでくさくなると思います。
新品の靴を履いた後だと、においは気にならないですから。
靴に問題があると思い、消臭スプレーを購入しました。

しかし、効果は薄かったです。
消臭スプレーが効かないレベルだと、丸洗いした方が良いでしょう。
そうなる前に対策しなければならないのです。

靴がくさくなるのは、毎日履き続けるからだと分かりました。
雑菌って、湿度が高いと繁殖しやすくなります。
そのため乾燥させなくてはいけません。

毎日履くと、乾燥する時間がなくて湿度が高い状態が続きます。
そうなると雑菌が繁殖して臭いのもとになるのです。
3足をローテーションして履くのがベストですね。
最低でも2足は必要で、毎日履き続けるのは避けたいところです。

帰宅したら、靴を乾燥するために靴用の乾燥剤を入れましょう。
もしくは新聞紙を丸めて詰める。
これだけでも、かなり対策になります。

靴を清潔に保つことができれば、足のにおいもかなりマシになります。
靴に問題がなく、足に問題があるのであるケースもありますけどね。
その場合はケア用品を塗ったり、皮膚科に行きましょう。